300GHz~1Hz(超高周波/ミリ波/マイクロ波/超低周波)のキーコム
ご要望に応じて少量から設計・製作・測定 致します。

レーダーテストシステム/レーダー評価システム/レーダー測定システム(ミリ波・マイクロ波)  関連

Model No. XRE
Feature
キーコムは、車載用レーダー等、量産品のミリ波・マイクロ波レーダーの送信パワー、周波数、アンテナビームアライメント、距離精度、角度精度、受信性能等、各種性能を測定し評価するシステムを多数取り揃えております。
レーダーの距離精度、出力などを評価するレーダーテストシステム(RTS)、レーダーの取り付け位置を調整するためのレーダーアライメントシステム(RAS)等、ご希望に応じて開発・製造も行っております。

レーダーシステム/ミリ波レーダー開発・製造/マイクロ波レーダー開発・製造  はこちら
レーダークロスセクション(RCS)測定(観測・評価)システム  はこちら

1. レーダー標準ターゲット

  1.1 レーダー標準ターゲット(球・三角錐/コーナーリフレクター) [RES02]   1.2 シリコーンファントム(シリコンファントム) [EMA06]
  webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/res/res02/page.html

■球タイプ
特徴
指向性が無く、取り扱いが簡単
■三角錐タイプ (コーナーリフレクター)
特徴
広指向性
オプションでレーザーポインター付き
  webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/ema/ema06/page.html

衝突防止レーダーの走行テスト(走行試験、実走試験)、携帯電話の比吸収率(SAR)測定、ウエアラブ通信用実験などに用いる人体用ファントムで、電気定数はIEEE1528に基づいています。
  • 皮膚だけが分離できるようにすることもできます。ご相談下さい。

  • 穴加工などは容易です。
  • 2. 車載用レーダー/ミリ波レーダー(自動車用) 評価

    ターゲットシミュレーター(パッシヴ)(主にレーダー評価用)

      2.1 衝突防止レーダー用ターゲットシミュレーター(パッシヴ)(近距離用)
    パッシブレーダーテストシステム(Passive RTS) - 79GHz, 76.5GHz, 24GHz [RAT09]
      2.2 衝突防止用レーダー用偏波フリーターゲットシミュレーター [RAT15]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat09/page.html

    誘電体導波路により遅延線路を構成しているため伝搬モードがTEMモードであり、遅延時間に周波数特性がなく、金属導波管に比べて挿入損失が少ないパッシブレーダーテストシステムです。79GHz, 76.5GHz帯用、24GHz帯用の3種類のタイプがあります。
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat15/page.html

    特徴
    ・偏波面フリー
    ・低ロス
    ・周波数が変わっても、ロスは変化しない
    ・電力を使用しない

    ターゲットシミュレーター(アクティブ)

      2.3 衝突防止レーダー用ターゲットシミュレーター(アクティブ)(遠距離用)
    レーダーテストシステム- 24GHz, 76.5GHz, 79GHz (RTS)ME7220A (主にレーダー評価用)[RAT01]
      2.4 衝突防止レーダー用ターゲットシミュレーター(アナログ)(遠距離用)
    レーダーテスト用ムービングターゲットシステム(MT for RT)ME7220E/F [RAT10]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat01/page.html

    ・複数の目標物距離にある移動ターゲット(他車両または路傍物) をシミュレートすることで実状況での動作を保証
    ・様々なレーダータイプ(FMCWレーダー、パルスレーダー、UWBレーダー)に対応
    ・豊富な周波数バリエーション(2.4GHz、76GHz、79GHz)
    ・送信機・受信機・アンテナ性能を定量化することにより、レーダ モジュールの特性安定化が可能
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat10/page.html

    ME7220E/Gは、前を走っている自動車に衝突するまでをシミュレーションする衝突防止レーダー用シミュレータです。このシステムを用いることにより、屋内でレーダーの移動標的に対する追尾性能を評価することが出来ます。 また、Pre-Crashのためのブレーキシステムの開発にも役立ちます。
      2.5 RTS - DM(Rader Test System Digital Delay)
    ムービングターゲット [RTS-DM-3]
      2.6 波形解析システム
    [ME7220-05 / 07]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat12/page.html

    レーダー波応答制御の完全デジタル化とアナログ技術の併用により、最短距離 2 mを達成、また距離解像度 15 cm (25 cm)、距離変化に対応するRCS制御などを達成した、高精度・高機能なRTSです。また、79G(4GHz構成)のアナログタイプもあります。
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/ratME7220-05/page.html

    レーダー波の波形解析ができます。
    本装置をRTSに接続することでFMCWレーダーの送信波形を解析することができます。
    解析できる項目は、周波数の絶対値、周波数変化の直進性、帯域幅、電力の絶対値などです。
    レーダーの設計開発、性能評価、スペックが不明なレーダーの解析などの用途に適しています。

    なお、本システムの校正用には次のレーダーが有用です。
    ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rdc/rdc02/page.html

      2.7 自動車背面模擬システム [ANT26]   2.8 前方走行車 車線変更検知レーダーテスト用ムービングアンテナシステム [RAT19]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/ant/ant26/page.html

    前を走っている自動車の背面をレーダーで観たときの反射波を実験室で模擬するシステムです。
    反射する複数の場所を3Dで設定でき、しかも遠距離から近づいてくるときなどのために、距離に応じて反射帯の位置関係を自動制御できます。
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat19/page.html

    前方を走行している複数の車両が車線変更していることを検知するレーダーを屋内でテストするためのムービングアンテナシステムです。なお、この他にムービングターゲットが必要です。
      2.9 サイドレーダー用疑似シミュレータ [SRS01]   2.10 クロスロードターゲットシミュレータ [SRS02]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/srs/srs01/page.html

    サイドレーダーの信号を受けて、距離、速度および角度を模擬することで、室内でサイドレーダーを評価可能にします。

      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/srs/srs02/page.html

    室内実験において、車庫から出るとき、後方を横切る車などの斜め方向の距離と速度を実現します。
      2.11 イメージングレーダー(高速回転タイプ)[RCS07]   2.12 耐震タイプイメージングレーダー [RCS08]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rcs/rcs07/page.html

    車などの移動体に搭載して対象物のRCSを3次元でリアルタイムに観察可能!!
    webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rcs/rcs08/page.html

    対象物を3次元の画像で監視できます。耐震性があり、車などの移動体に搭載できます。SSDを外付けすることによって、連続10時間のデータを記録できます。

      2.13 全周レーダー[RAD81]  
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rad/rad81/page.html

    全周囲(360°)の対象物を観察できます。雨または切の中で車や通行人を見つけることができるので、自動運転車の開発に最適です。

    エイミングシステム

      2.14 レーダー、上下ビームずれ角度測定システム(EES-03, RAIS) [RAT18]
      2.15 イメージングレーダー[RCS09]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat18/page.html

    自動車の正面の水平方向とレーダービームの上下の軸ズレを観測しながら、レーダーのビーム方向を調整するシステムです。
    なお、レーダーがエンブレムの後ろにあって見えなくても、レーダーの高さが分かります。

      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rcs/rcs09/page.html

    エイミング時のレーダー波の床からの反射波の対策に最適です。
      2.16 自動車用近距離状況認識レーダー評価(測定)システム [RAT05]
      2.17 自動車点検・整備用レーダーテストシステム [RTSS01]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat05/page.html

    24GHzや76GHzのインパルスレーダーなどの評価システムです。
    高速走行時に後方から接近する車両や車線変更時に後方車両の存在を知らせてくれるレーダーがあります。
    これらに用いるレーダーは、微弱な電波で、しかも広い空間に電波を出します。

      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rtss/rtss01/page.html

    車載レーダーは、長時間の走行による位置ずれなどにより、最適なパフォーマンスを維持できなくなる可能性があります。このため、定期的に点検・整備を行う必要があります。


    レーダー付き自動車の改善

      2.17 レンズフォーカスタイプ反射減衰量測定システム[EAS05]
      2.18 占有帯域幅測定システム[OBW01]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/eas/eas05/page.html

    ミリ波をレンズで絞って試料に照射し、その反射量を高精度に測定します。 なお、反射波が送信部に戻る量を測定するS11タイプと、斜め入射し他端に出射するS21タイプの2つを選択できます。

      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/obw/obw01/page.htm

    車載レーダー波の出力パワーとともに占有帯域幅の測定ができます。
    占有帯域幅の測定においては、出力パワーの周波数特性をモニタする必要があり、測定時間が長くなることが課題です。
    本装置では、回路構成を工夫することによってこの課題をクリアしました。

    3. レドーム、エンブレム、レーダーカバー評価

      3.1 レーダーアライメントシステム(RAS)SM5899
    (レドーム/エンブレム測定システム)[RAT02]
      3. 2 自動車用エンブレム評価システム [EES12]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rat/rat02/page.html

    ①自動車バンパー付近のレーダーのアライメント調整
    ②レーダカバーの特性試験(挿入損失とビームチルト)
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/ees12/page.html

    ミリ波レーダービームに対するエンブレムの影響(透過減衰量)を評価できます。 また、従来版と比べて、往復の透過減衰量が測定できます。
      3.3 自動車用エンブレム透過歪み可視システム - EBEV-01[RCS10]    
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/rcs/rcs10/page.html

    エンブレムの後ろに衝突防止レーダーを配置する場合、エンブレムの透過減衰量とチルト角度(曲がり角度)を小さくする必要があります。
    それをイメージングレーダーを用いて可視化するシステムです。
       

    4. フュージョンテストシステム、自動運転テストシステム

      4.1 フュージョンテストシステム [SRS05]   4. 2 EMC対策プロジェクター [ANTIEMC-PROJECTOR-01]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/srs/srs05/page.html

    映像・RTS 制御システムの製作により、スクリーンへ投影する前方の情報と同期した同一情報の距離、速度および RCS(電波の反射強度)などの 情報をシナリオ作成システムが RTS(レーダーテストシステム)とプロジェクターに送り、RTS からレーダーに反射波を送ります。 このことにより、室内でカメラとレーダーのフュージョンシステムの開発および検討・検査を行うことのできるシステムです。
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/emc/ANTIEMC/page.html

    EMC試験を行うときに用いるEMC対策済みのプロジェクターです。
      4.3 自動運転テストシステム [SDR02]   4.4 室内ADASテストシステム [ATS02]
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/sdr/sdr02/page.html

    自動車にはナビゲータを搭載し、出発位置と終点位置、および平均速度を設定します。すると、走行ルートが定まります。出発と同時にタ イヤは回転し、ハンドルも動かします。すると、移動情報が騙しのGPS に送られ、ナビゲータ上の位置が移動します。このようにして、自 動運転車は目的地に向かいます。 一方、自動運転制御システムの操作により、シナリオ作成システムが、スクリーンへ投影する前方の情報と同期した同一情報の距離、速度 およびRCS(電波の反射強度)などの情報をRTS に送ります。すると、RTS はレーダーに反射波を送ります。また、信号の赤による停止も 含むイベント情報を加えて、室内で自動運転車の開発を行うことができます。
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/ats/ats02/page.htm

    ADAS(Advanced Driver-Assistance Systems)に関連する主な機能として、ACC(Adaptive Cruise Control)、AEB(Autonomous Emergency Braking)、FCW(Forward Collision Warning)、 LDW(Lane Departure Warning)、LKA(Lane Keeping Assist)等が含まれます。これらの機能を室内でテストするシステムです。
      4.5 ADASのEMCテストシステム[ATS01]
       
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/ats/ats01/page.htm

    ADAS車両は、大量のセンサーとコントローラを搭載しています。これらは、電磁波の干渉に敏感であるため、電磁環境が悪化すると、容易に機能の低下や故障が発生します。したがって、EMCテストは大変重要であり、連続スウィーピングテスト等を行い、ADASが正常に動作するかを確認する必要があります。

       

    5. 電波吸収シート / 電波暗箱 / 電波暗室

      5.1 電波吸収シート(ピラミッド) EMC80   5.2 電波吸収パネル EMC83
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/emc/emc80/20page.html

    キーコムの電波吸収シートは精度の高いεr'、μ'r測定システムおよび、電波吸収量測定システムを用いて開発・製造されています。
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/emc/emc83/page.html

    移動しやすい電波吸収パネルです。ご希望の周波数に合わせ、作成いたします。 キャスターなしとキャスターありの2タイプがあります。 この他、電波吸収ボックス、電波吸収室内室なども製作いたします。
      5.3 電波暗箱 ANB-02   5.4 電波吸収ボックス EMC85/EMAB-79G-01
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/emc/emc84/page.html

    小型レーダー、たとえば自動車衝突防止レーダーなどの距離精度、目標点でのパワー、 および上下、左右などの角度精度などを測定するための暗箱です。
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/emc/emc85/page.html

    自動車に取り付けられたレーダーなどをテストするための電波吸収ボックスです。 以下の特長があります。
  • 電波の反射が小さく、また、斜入射波の吸収が大きい
  • コンパクトで設置および移動が容易
  • 高さ調整および長さ調整が容易
  •   5.5 3m法/10m法電波暗室[EMA08]
       
      webカタログ⇒ https://www.keycom.co.jp/jproducts/ema/ema08/page.html

    様々な測定ニーズに対応した電波暗室で、3m法 と10m法に対応します。 国際規格に準拠したテスト環境を提供します。 自動車を搬入して試験を行うことも可能です。