300GHz~1Hz(超高周波/ミリ波/マイクロ波/超低周波)のキーコム
ご要望に応じて少量から設計・製作・測定 致します。

自動運転室内テストシステム

Model No. ATS
Feature

自動車が自動運転の時代を迎える中、車の「目」となるレーダーの役割がますます重要となっており、レーダーの性能をより一層高めていく必要があります。

また、5Gを皮切りに、高速・大容量の通信システムが自動運転車に本格的に組み込まれていく中、自車の内部のみならず、外部からの電波干渉の問題を解決することが求められています。

これらが実現しなければ、いくら最先端の機器を車に搭載しても、正常かつ有機的に機能せず、安心して運転を任せることはできません。

キーコムでは、こうした状況を踏まえ、自動運転に必要な機能を評価・検証するための試験環境を、システムとして提案しております。

ADAS(Advanced Driver-Assistance Systems)のEMCテストシステム[ATS01]
ADAS車両は、大量のセンサーとコントローラを搭載しています。これらは、電磁波の干渉に敏感であるため、電磁環境が悪化すると、容易に機能の低下や故障が発生します。
したがって、EMCテストを必要な手順に従って入念に実施し、ADASが正常に動作するかを確認する必要があります。
 
ADAS室内テストシステム
ADAS(Advanced Driver-Assistance Systems)に関連する主な機能として、ACC(Adaptive Cruise Control)、AEB(Autonomous Emergency Braking)、FCW(Forward Collision Warning)、 LDW(Lane Departure Warning)、LKA(Lane Keeping Assist)等が含まれます。
これらの機能を室内でテストするシステムです。
 
ネットワーク接続自動運転車OTA(Over-The-Air)方式EMCテストシステム[ATS03]
自動運転車の動向として、①ADASシステムと②ネットワーク接続システムを備えた自動車が主流になっています。
キーコムでは、5G/Beyond5G時代を睨み、②ネットワーク接続システムに対応したEMCテストシステムも開発・提供しております。
 
自動運転テストシステム[SDR02]
スクリーンに映し出されるテストシナリオをカメラ・レーダー・模擬GPS・カーナビに連携させ、より現実に近いテストを室内で実施することができます。
 
フュージョンテストシステム[SRS05]
スクリーンへ投影される前方車両の情報と同期した距離、速度および RCS(電波の反射強度)などの 情報を、シナリオ作成システムが RTS(レーダーテストシステム)とプロジェクターに送り、RTS からテスト車両のレーダーに反射波を送ります。