300GHz~1Hz(超高周波/ミリ波/マイクロ波/超低周波)のキーコム
ご要望に応じて少量から設計・製作・測定 致します。

電波に影響しない電波透過型恒温槽(-60℃~+200℃)

Model No. EMD01
Feature
レドームやカバー、電波吸収体およびシールド効果の温度特性を測定できる恒温槽です。高温・低温ブロアおよび試料を入れて測定する保温ボックスにより構成されます(写真は右側の電波吸収体測定システムにセットした場合。電波吸収体測定システムは別売)。
ご希望の大きさ、試験体に合わせて設計いたします。

構成

モニター機能

・熱電対を電波透過型保温ボックス内に設置し外部で温度をモニター可能
・温度の分布状態を外部からモニターするために電波透過型ボックスの蓋は開閉可能(高温用)

操作機能

・操作盤で測定したい温度を設定すれば、自動的にブロアーが作動し、電波透過型ボックス内の温度が 設定温度に達すると表示盤に表示される。

性能

・電波透過型ボックスの電波透過率:損失1dB以下(1GHz~18GHz)
・保温の安定性 : 約±5℃
・温度表示誤差 : 約±1℃

構成

電波透過型高温用保温ボックスおよび高温ブロア

電波透過型低温用保温ボックスおよび低温ブロア(右側ジグは除く)

オーダー情報 - Model No. および 部品番号(もしくはご要望) をお知らせください

部品番号 品名 内容(°C) サイズ(cm)
DPS-DOME-TR-1-H 電波透過型 高温用保温ボックス +30℃~+200℃ 内寸:約 50×50×10
DPS-DOME-TR-2-H 高温ブロア +30℃~+200℃ 外寸:約 65×65×50(足含む)
DPS-DOME-TR-1-L 電波透過型低温用保温ボックス -60℃~+40℃ 内寸:約 50×50×10
DPS-DOME-TR-2-L 低温ブロア -100℃~+50℃
外寸:約 65×65×120 (足含む)